医者たち

助産院選びが大切|早めにママになる準備を

このエントリーをはてなブックマークに追加

自然なお産を望むなら

病院

希望のスタイルで出産

赤ちゃんができたら産婦人科を受診しますが、出産をする際は必ずしも病院で産まなければならないというわけではありません。助産院という施設で出産するという選択肢もあります。助産院とは、助産師の資格を持つ人が開業している分娩施設のことです。10床未満のベッド数ですが、入院も可能です。助産師によって分娩の補助や妊産婦、新生児の保育指導を行う内容です。自分の希望するスタイルで出産できることで人気があります。ただ、助産院は病院や診療所とは異なり、医療行為ができません。医師が常駐していないので、医療行為を行うときには助産院が提携している医療機関で行われます。助産院では出産が難しいケースもあることを知っておきましょう。

自宅で出産も

病院での出産となると、分娩台に上がって出産するというスタイルが決まっているようなものですが、助産院の場合は、自然なスタイル、希望するスタイルで分娩が可能です。例えば布団や畳の上で、四つん這いになったり、寝転んだり、助産師の助言で姿勢や呼吸法を変えながら分娩することができます。例えば、助産院でなくとも、自宅に助産師を呼んで自分の家で家族に見守られながら、といった出産スタイルも可能なのです。また、助産院では医療行為ができないと述べましたが、院内助産院といって総合病院などの中にある施設もあります。その場合、妊婦検診で診察しながら院内助産院で出産できるか判断し、万が一の場合には病院内の産科に搬送されるというメリットがあります。

婦人病などをまずは検査

レディ

女性にとって、悩むことなく妊娠できる考えが根強いものの、卵巣機能の低下は生活習慣などからも招かれています。婦人科などでは、女性の妊活に積極的に携わってくれる魅力もあり、また、相談しやすい医療施設であることも活動中の女性たちから評価されています。

もっと見る

妊娠前からの摂取

錠剤

欧米諸国の研究では、葉酸の摂取で胎児の先天性異常のリスクが軽減したという結果が出ています。妊娠予定ならば、一か月前からの積極的な葉酸の摂取が大事になります。食べ物だけでは不足する場合が多いので葉酸サプリを上手に使うことが良いでしょう。

もっと見る

出産前の過ごし方

おなか

臨月は、子宮が下がることで胃の負担が減り空腹を感じやすくなるので出来るだけ低カロリーの食品も取り入れて急激に体重が増え過ぎないようにします。事前に手配や準備を済ませて、あとはゆっくりとリラックスして過ごすようにします。

もっと見る