妊娠前からの摂取|助産院選びが大切|早めにママになる準備を
看護師

助産院選びが大切|早めにママになる準備を

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠前からの摂取

錠剤

リスクの軽減

葉酸が特に、必要とするのは妊娠前から妊娠中の女性です。葉酸は造血作用があり不足した場合では貧血になる事があります。細胞の再生を促したり、高血圧や心臓の疾患の予防に効果があります。女性ホルモンのバランスを整える働きがあり、月経痛などの緩和に効果があります。妊娠希望の人では、子宮環境を整える必要な栄養素と言えます。葉酸は細胞分裂や核酸に関与して、特に、妊娠初期の胎児には重要になります。これは、細胞分裂や成長の盛んな時に十分に足りていることで先天性異常のリスクの軽減に影響します。葉酸は妊娠中では通常の2倍の量が必要で、通常の食事では十分に補うことが難しい栄養素と言えます。最近は食事と葉酸サプリの併用が推奨されています。

摂りづらい栄養素

葉酸は水溶性のため調理などの時に栄養が失われやすい特徴があります。この為、妊娠前からの葉酸サプリの飲用は様々なリスクの軽減につながります。妊娠中では色々な栄養分が不足したりします。葉酸サプリはその他のビタミンやミネラルなどの必要なものも補えます。また、妊娠中はつわりや貧血などが起きる事がありますが、葉酸サプリを使うことで、これらの不快な症状を軽減できる効果が期待できます。しかし、葉酸サプリは必要量が決まっているので服用の際は、過剰摂取には気を付けましょう。葉酸サプリは妊娠活動中の男性でも良いと言われています。これは、精子の異常を排除する働きもあります。妊娠の可能性がある女性では葉酸は欠かせない栄養素となります。