出産前の過ごし方|助産院選びが大切|早めにママになる準備を
看護師

助産院選びが大切|早めにママになる準備を

このエントリーをはてなブックマークに追加

出産前の過ごし方

おなか

食事の取り方に注意する

臨月と言うのは、お腹にいる赤ちゃんが10カ月目になる時期なのでいつ生まれてもおかしくないような状態になっています。予定日は大体決まっているものですが、あくまで予定なのでそれよりも少し早く生まれたり逆に少し遅くなることも十分に考えられます。臨月は、準備さえ整えばいつでも出産できる状態なので基本は無理して動かないようにします。子宮が徐々に下がって赤ちゃんが産まれやすくなるのでその分胃にかかっていた負担がかるくなることから、空腹感が増して必要以上に食べてしまうことがあります。減量する必要はないですが、過剰に栄養を摂り過ぎないように低カロリーの食品も取り入れながら食事を改善していくことが大事になります。

手配や準備を済ませる

臨月になると、予定よりも日にちがずれて陣痛が来たり破水が起きることも珍しくありません。事前に病院の手配や出産する準備を済ませて、万が一病院に居る時以外で陣痛や破水が起きたらすぐに病院に駆けつけられるようにします。必要な準備だけ済ませておけば、あまりストレスに感じる必要もないので出来るだけゆっくりとリラックスして過ごせるようにします。音楽を聴いたり、好きなテレビを見たり散歩するなど好きなように過ごして不安や緊張がほぐれるようにすることも大事です。臨月は、もうすぐ出産が間近になっているので最後の妊娠期間を楽しむような感じで過ごすようにするとストレスなく安心して出産に臨めるようになると言えるでしょう。